yo asa

ご注文
2020/12/03  コート - お届けとアフターケア

【お届け】
コートが仕上げに差し掛かりましたら、出荷目安日をご連絡いたします。
出荷後に送り状番号を添えてご連絡させていただきます。
丈の長い服はハンガー便非対応となったため、段ボールにたたんで梱包し、出荷いたします。

【お受け取り後のお願い】
お受け取り時のたたみジワは時間が経つとおおむねなくなりますが、
この時点で一度、お客さま自身でアイロンがけをしていただくことをおすすめします。

コートと付き合っていく上でアイロンがけ(スチームアイロンとアイロン台)は必須です。
革靴にとってのブラシとクリームといったところでしょうか。
面倒かもしれませんが、すぐ慣れます。また、いざやってみるとその必要性を感じていただけると思います。
アイロンがけを日常的にしていただくだけでコートの見栄えや愛着が一段と上がります。

蒸気を浮かしがけするスチーマーではなく、なるべく重みがあるスチームアイロンとアイロン台をご用意ください。
シワを取る程度であればスチーマーのみでも可能ですが、着丈の長いコートをピシッとした雰囲気に戻すためには「アイロンプレス」が必要です。

【日常的なアイロンがけ】
アイロンとアイロン台はきれいな(それなりに新しい)ものをご用意ください。
汚れや焦げが付いていると不幸に繋がります。また、寿命を過ぎたアイロンは温度調整等の機能がバグっている場合があります。

yo asaのコートは、アイロンをかけられないほどデリケートな生地は使用しません。
製作時や仕上げ時、幾度となく高温でアイロンがけをしているので、中温程度であればテカリや痕がのこる心配はまずありません。
心配な方はまずは「当て布」をご使用いただくなど、少しずつお試しください。

・シワを取るためのアイロンがけ
アイロンを中温程度に設定し、スチームを出しながら気になる箇所に当ててください。
やわらかく薄い生地であれば、さっと浮かしがけしただけでもシワが取れることがあります。
また、着用に伴う毛羽立ちや擦れも、アイロンがけでなじんだり目立たなくなったりすることがあります。

・保型のためのアイロンがけ
コートの特徴として、大きさや着丈の長さがあります。
シワが目立ちやすい他に、時間と共に型が崩れてしまう性質があります。
数回着用いただいた後や、雨や強い湿気に当たった後など、コート全体がモサっとした雰囲気になっていきます。
また、特にサージのような薄手ウール地は顕著ですが、裾に生地の重心がたまっていくような感覚があります。
全体のシワを取った後、前中心や裾、袖口などの端部分にスチームアイロンをかけていただくと、出来上がり時のようにピシッとします。
また、裾から上へ向けて、生地のたまりを分散するようにアイロンをかけていただくと、まとまりのあるすっきりした雰囲気になります。

【クリーニング】
ワンシーズンごとに必ず、ということはなく、襟元や袖口等の汚れが気になったときにというかんじで構いません。
個人的にはほとんどクリーニングに出しません。

【寸法調整やメンテナンス】
コートをお届けし、着用していただいた後でも着丈と袖丈は短く調整可能です。
そのため、ご注文時に着丈で悩まれた際は長めの丈でお試しいただくことをおすすめしております。
ボタンの色変更、ボタンレスからボタンありへの変更等も承ります。
ボタンが外れてしまった際のお取り寄せや、こちらでのボタン付けも承っております。
(替えボタン、失くしてしまうと思うので出荷時には付けてません)

それぞれ往復送料のみご負担いただき、その他の料金はいただきません。
内容によって例外もございますので、まずはご相談ください。

お客様ひとりひとりと1対1で決めていく服ですので、ご満足いただけるものをお届けするのはもはや当然とも言えます。
そこからさらに自分が重要視しているのは「満足感をキープさせること=使うことでがっかりさせてしまわないこと」です。
そのためには服の選び方や服そのものの品質みたいなことも重要ですが、服が作り手の自分から離れて「お客様にどう使っていただくか」ということがかなり重要になります。
満足感が長続きするかどうか、使い心地や経年変化にがっかりしてしまわないかどうか、というのは作り手である自分からの説明や意識の共有(そしてお客さまからのご理解も..)が重要です。
気になることがございましたらお気軽にご連絡ください。

お客様自身でのアイロンがけやケアが心配であれば、お気軽にご相談ください。
店舗にお送りいただくか、お持ち込みいただければこちらでのメンテナンスもさせていただきます。
これも往復送料のみいただきますが、その他の料金はいただきません。